スティッカムで簡単ライブ動画配信
スライドは、最近の取材より、記録ビデオは、街歩き・健康福祉祭り・防災訓練などご覧いただけます。

2009年08月28日

第28回銀座震災訓練

銀座一丁目から八丁目までの、事業所・商業者などが参加する恒例の銀座震災訓練も第28回目。
各事業所・売り場での初期被災対応から、機関対応、
救援、避難誘導などが、つぎつぎと展開してゆきます。
22はしご車救援.jpg 41避難 銀座6.jpg 72数寄屋橋公園到着.jpg

詳細は、まち・ひとCONNECTIONにて
第28回銀座震災訓練
posted by まちひと中央 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・街・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

全国防災まちづくりフォーラムと新型インフルエンザ

8月23日浜松で開かれた、全国防災まちづくりフォーラムに、審査員として参加しました。
8月21日から24日までの防災フェア2009in浜松の一貫です。
内閣府の防災とボランティア週間のイベントに関わり、
まち・ひと中央CONNECTIONという地域防災活動ブログを試みている
地域メディアの立場からの審査役でした。

防災まちづくり活動発表会の印象
http://fm840.seesaa.net/article/126810421.html
防災における食の知恵=自助あっての共助・公助
http://fm840.seesaa.net/article/126812134.html
”まちづくり”トークセッション「”イツモ”の防災・・・・」の印象
http://fm840.seesaa.net/article/126821603.html
日常の活動を活かした、学ぶことのおおい活動発表でした。
人と人の関わり方は、地方と首都圏・都心・中央区とは、大きく異なるようですが、
状況が異なるだけで相対的だと納得。

新たな知識は、新型インフルエンザ対策
40甲南女子大学名誉教授奥田和子氏.jpg 阪神淡路大震災の被災体験をされた
奥田和子教授(甲南女子大学名誉教授)による
災害・新型インフルエンザに備える『食』の知恵〜家庭・対応現場〜
の話は、課題が整理されてわかり易かった。
被災時・復旧時、インフルエンザ対策の基本は、水・栄養の確保。
特にインフルエンザは、感染拡大に応じて、水・食料の備蓄をし、引きこもり対応への準備が必須。
自助こそが、生き延びる基本で、その上での共助。
公助をうけるのは、最悪の場合なのだと、納得!納得!

所感>防災に対する備えは、「そこまでは・・・」というのが、
戦争も被災も体験していない、平和ボケの私の実態!
posted by まちひと中央 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・街・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

8月4-7日、Openな 築地本願寺納涼盆踊り大会

築地本願寺盆踊りポスター.jpg 勤め帰り
 子供づれ、
 地元の盆踊り愛好者、
 町衆など、
 いろいろな人が集う
 築地本願寺で開かれている納涼盆踊り大会は、
 7月4日から7日まで開かれています。
a01築地4丁目交差点.jpg a02 勤め帰り.jpg
a03勤め帰り.jpg a6築地魚河岸ガイドツアーの山崎さん、中島さん.jpg
a10 テーブル.jpg a11テーブル.jpg a12築地名店会.jpg a13やきとり.jpg a14 築地の町衆1.jpg a14 築地の町衆2.jpg
a20太鼓.jpg a21太鼓.jpg
a29 太鼓と踊り.jpg a30踊り.jpg

a40いろんな人に会いましいた.jpg a42小林自治会長.jpg a43小林さん.jpg a43築地本願寺本部.jpg a44奉納.jpg

<所感>
中央区の盆踊りの総決算は、浜町公園での大江戸まつり盆踊り大会。
夏の盛りを超えた8月21・22日です。
8月6・9日の原爆被爆の日、
そして8月15日の敗戦日、
この盆踊りの季節は、
私たちの忘れきれない日々を想い、
忘れがたい人たちを見送るために、踊るのです。

a51 次の世代へ.jpg a50 googleMap pin.jpg築地本願寺本堂の脇にはGoogleMapのPinが立っていました。


築地本願寺納涼盆踊大会 2008
’浜町音頭はヨーイヤサー’2008
佃島の盆踊りに、’キャッツ’乱入? 2008
佃島盆踊は、念仏踊り。無縁仏を拝む江戸の大都会暮らしの知恵 2008
posted by まちひと中央 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

桜川打ち水大作戦

8月6日10時より、ブーケ21女性センター玄関前歩道と桜橋第2ポンプ所内にて、
打ち水のイベントが開かれました。
主催:中央区環境保全ネットワーク、中央区女性ネットワーク、後援:中央区・東京都下水道局。ブーケ21でもお見かけする皆さんと、近くの桜川保育園・八丁堀保育園の子どもたちが集まりました。
小雨も止み蒸し暑い中、打ち水を始めると、桜橋第二ポンプ所脇の通路に、さわやかな風が渡りました。
01 桜川打ち水大作戦.jpg 04 開会.jpg 05桜橋第二ポンプ所長の説明.jpg 10いよいよ打ち水.jpg 11 水汲みから.jpg 13打ち水.jpg 16 ブーケ前.jpg 17 ブーケ前.jpg 18 通路入口.jpg 19 3世代.jpg 19 桜橋第二ポンプ所.jpg


20 集合.jpg 21集合2.jpg 23閉会.jpg 25お疲れ様.jpg 26お疲れ様.jpg 27 お疲れ様.jpg 28 お疲れ様.jpg

*打ち水に使われたのは「再生水」。通常の下水処理水に高度処理を施した水で、
トイレや防災用水、せせらぎや清流復活など「環境用水」として利用されています。
** 映像は後ほどUPさせていただきます。

90 壁面緑化.jpg <所感>
水のことは、上水も下水も当たり前のようで、知らないことだらけ。ゲリラ豪雨から、環境汚染まで、微妙な自然のバランスの中で暮らしているのだと最近やっと実感してきました。都市環境ではとくに、こんな’打ち水’のように人が意識して行動する必要がある時代。。雨も晴れも循環するからありがたい。
posted by まちひと中央 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・街・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

安全安心のためのタウンミーティング

ふと築地は晴海通で見かけたポスターに誘われて、8月3日築地本願寺内での
「安心安全のために中央区タウンミーティング」に伺いました。
1 ポスター.jpg 3 矢田区長と語るタウンミーティング.jpg 4子育て・介護・共通商品券・・・・.jpg
話題は、子育て・築地・共通商品券・花火大会・介護施設など。
小さな会議室で、1時間ほどゆっくりと開かれました。

8月1日号の区のおしらせトップページは、中央区協働推進会議中間報告への意見募集です。概要は・
・中間支援の在り方
・中間支援拠点の主な機能
・協働の仕組みづくり
・選定・評価方法
・協働のための人材育成方法
など
お問い合わせ・ご意見の送り先は、
http://chuo.goneki365.net

<所感>
中央区のホームページのパブリックコメント制度、区長への手紙などは常時開かれています。数多くの意向が集まってこそ、具体的な個別課題への対応とともに区の将来への施策のバランスも取れてくるのでしょう。私が区政基本構想でよく読む項目は基本構想見直しの背景と目的です。

・社会構造の変化に対して
選挙の季節、マニフェストといいながら個人の所得や利便などを語る目先の言葉があふれている。少子・高齢社会ではモノの生産・消費は減少し、ネットサービスは最強しか持続して採算をとることができにくいし、地域内・国内である必然はない。金融的バブルや資源・モノ消費経済を抑えながら、少ない働き手で内需の通貨交換経済:GDPを増やすには、人のサービス価格を上げるのが解決策ではないか?人のサービスを増やすことは、応対による豊かさを選ぶ人には、良い社会だろう。

→モノから人のサービス価格UPが課題
日本橋商人の江戸しぐさ、銀座のフラッグショップの接客や高級クラブの接待力は、日本橋・銀座ならでこと、地域が共有してきた経済文化です。
これで、「商品の質+サービスの質→高価格→人件費の高さ」を、地域として維持できれることが大切。今までのように、「資源+エネルギー+高性能工作・加工機械+データ処理の集積であるモノや流通の合理化」では、人のサービスの質はごく一部の業務に限られます。コンビニで10年ん店員をして、どんなに仕事に慣れても高賃金はもらえない構造がその典型です。

→医療・介護・福祉などの資格サービスは、品質は均一という前提なので、
ごく一部の業務を除けば、低賃金・長時間労働か、パートによる非連続な就業で、サービスの質をたかめにくい構造になっています。
協働がお互いのただ働きを増やすのでは、参加しないほうが得だと思われる’個人化社会’です。地元に育った人は、奉仕社会をイメージし、流動性のある新住民は、合理性を求めます。

子育て・就労を支援し、高齢者の地域社会参加が、生活をより豊かにする仕掛け。
私も、提案を出したくなりました。
posted by まちひと中央 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。