スティッカムで簡単ライブ動画配信
スライドは、最近の取材より、記録ビデオは、街歩き・健康福祉祭り・防災訓練などご覧いただけます。

2009年09月29日

都心日本橋の防災助け合い宣言と訓練

9月25日、日本橋三丁目西町での「第二回防災助け合い宣言」と「第一回地域防災訓練」が行われました。
09第1回地域防災訓練.jpg 10 被災状況 届け.jpg 11被災状況受付.jpg
23軽傷者応急体験.jpg 16災害本部からのオートバイ伝令へ被害状況の報告.jpg 44日本橋3丁目のおかみさん達.jpg
45本部長・副本部長 訓練終了.jpg 訓練の詳細 地域防災Web「まち・ひと中央CONNECTION」へ
都心日本橋に住む人・働く人・訪れるひと「第2回防災助け合い宣言」と「第一回地域防災訓練」


<所感>今年一月の自助・共助の観点から考える〜」ワークショップ
では、新川、佃、日本橋など状況と対策の違う各地域の防災活動の情報交換ができました。
この日本橋三丁目西町は、昨年の防災助け合い宣言の打ち合わせから、シンポジウムでの経過報告、準備例会の便りなどを伺って、期待がふくらんでいました。
そして本番当日、参加企業が増え、仕事中の参加といういろいろな立場の方々が、新鮮な体験をされている様子をうかがい、大変感激しました。組織・機関防災から、働く人・訪れる人、一人一人を気遣う地域防災をと取り組んできたままの訓練だったからです。
この日本橋三丁目という大企業から小企業・商店・地主の方々が、街に関わる人すべてと助け合おうという意気込みを、是非持続できる街の仕組みにまで育て、地域の持続性・活性化を進めてゆかれるようにと考えます。
posted by まちひと中央 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・街・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

ビデオ編集・Web掲載を、ボランティアして覚えませんか?

10月25日(日)に開かれる、健康福祉まつり2009で、
3カ所のステージの映像をビデオ撮影いただく、ボランティアの方を募集しています。
デジタルビデオカメラをお持ちで、パソコンでのメールをされている方!
6名中、後3名を募っています。
この機会に、ビデオ編集・Web掲載の方法を覚えませんか?

<詳細>
毎年開かれる中央区健康福祉まつりには、多くのグループの参加され
ブースでの展示・イベントが行われると同時に、3か所のステージ:
あかつき公園・中央区保健所視聴覚室・タイムドーム明石にて
数多くの活動発表が並行して催されます。

同時に開かれるステージはすべてを見ることはできず、
出場者、出展者の方にも記録を残してゆきたく存じます。

そこで、当日の撮影・編集・Web掲載などを手伝っていただく、
ビデオ・デジカメ撮影と記録・Web掲載を手伝っていただけるボランティアを募集します。
この際、お持ちのビデオカメラやデジタルカメラを活かし、
簡単な講習で編集・Web掲載を覚えて、記録ボランティアに参加してみませんか?
    サンプル映像:ボランティア交流会の様子
健康福祉まつり公式HPや「ちゅうおうボラネット協働ブログ」に、
あなたの映像や写真が掲載されます。

参加するには
・デジタルビデオカメラ・デジタルカメラをお持ちで、パソコンメールをお使いの方、
・10月に、編集・Web掲載の仕方を教えます。
・10月25日当日、撮影できる方
・11月中に編集・Web掲載を手伝っていただける方

参加スケジュール(メールでご都合を確認します)
1.10月上旬 編集・Web掲載ガイダンス
2.10月25日 撮影
3.11月中 編集およびWeb掲載

募集人数:あと3人 / 6人
*この活動は、地域社会に貢献する活動として謝礼はありませんが、講習は無料です。
お問い合わせ・申込
  中央区ボランティア区民活動センター気付
  中央区健康福祉まつり2009広報委員会リーダー 藤井俊公
連絡先:E-Mail: alfclub@pop07.odn.ne.jp
posted by まちひと中央 at 07:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

10月4日、今年もパイロットウォークは浜町公園から

20091004パイロットウォーク表.jpg 20091004パイロットウォーク裏.jpg
10月4日(日)10時〜14時、浜町公園から隅田川リバーサイドを歩く
第2回ワールドワイド パイロットウォークが開かれます。
主催:パイロットインターナショナル日本ディスクリクト
   東京地域5パイロットクラブ
   (東京PC,桜東京PC,ダイヤモンド東京PC,21東京PC,グレイス東京PC)
後援:社会福祉法人 全国社会福祉協議会、社会福祉法人 中央区社会福祉協議会、パイロットインターナショナルファンデーション(PIF)

脳関連障害を持つ方々の支援のイベントです。
障害者と家族の方と支援の方々が、一緒に秋の隅田川リバーサイドを歩きます。

お問い合わせは 「21東京パイロットクラブ」 
連絡先: E-mail: 21tokyo@oriwipps.co.jp

   昨年10月5日の浜町公園でのパイロットウォーク
   (2007年)脳障害患者に支援訴え 来月4日「パイロットウオーク」

所感>どの世帯でも、子育て・障害者・高齢者など、何らかの支援・介助が必要な人を抱える時代。支え続ける大変さは想像を超えますが、伴に歩く、爽やかな一時を過ごせる機会です。
posted by まちひと中央 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

’日本橋みゆき通り’ 街に働き・住まう人をつなぐ道

日本橋みゆき通り道路実験協議会による報告会が
9月10日日本橋の横山町奉仕会館にて、開かれました。
報告内容は、H20年度国土交通省の道路の有効活用に対する社会実験:木材を用いた歩道舗装等による人に優しい道路空間の活用実験でした。
これは、H19年に組織された日本橋みゆき通り道路実験協議会による、コミュニティとしてのたまり空間を設ける実験、「通り名で路案内」の実験に続くものです。
01講演会会場.jpg 03浅野雄悦 代表挨拶.jpg 04 吉田不曇 副区長.jpg 05土井弘次国土交通省東京国道事務所 所長.jpg 06 野島喜一郎 東京問屋連盟 理事長.jpg

00日本橋みゆき通り道路実験協議会総会.jpg
日本橋みゆき通り道路実験協議会 
会員:日本橋一の部から七の部の連合町会、富沢町町会、
日本橋問屋街まちづくり協議会、共同組合東京問屋連盟、横山・橘通り共栄会、横山町馬喰町新道通り会、やげん堀り商店会、歳の市保存会、
日本橋みゆき通り街づくり委員会、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会
賛助会員:横山町奉仕会、問屋街活性化委員会
アドバイザー:中央区土木部、国土交通省東京国道事務局

今回の実験は、東京都多摩地域の檜原村の間伐材をチップやブロックにして舗道材料や屋外造作物に使い、JR東日本橋駅上の歩道での利用実験とその検証でした。環境対策として間伐材の活用・ヒートアイランド対策、アメニティとしての木材の活用などで、ヒアリングの結果は良く
舗道としての機能・耐久性・コストや環境効果比較など、数値的な検討も必要になってくるとのことです。
08日本橋みゆき通り街づくり委員会 会長 吉田 誠男氏.jpg 07実験報告.jpg 09 実験報告UG佐々木享子.jpg 09 会場担当.jpg 09 司会 郷金二郎氏.jpg

基調講演は、 国土交通省道路局「社会実験推進懇談会委員の森野美徳氏から、「日本橋のまちづくりと社会実験」というテーマでの講演。
通行・運輸の機能である道路が、歩行者天国のような利用の仕方や、機能・デザインの転化、景観対策などの経過が紹介され、
今後の方向として、道路だけでなく、街の活性化やホスピタリティなど、タウン・マネジメントの必要性が語られました。
10 基調講演 森野美徳 都市ジャーナリスト.jpg 11会津若松「4つのどうぞ」.jpg 13 基調講演会場.jpg
報告基調講演の後は、懇親会、そして会場担当者のねぎらいがつづきました。15 基調講演閉会挨拶 工藤哲夫 日本橋みゆき通り街づくり委員会.jpg 21懇親会乾杯.jpg 22浅野代表.jpg 23 日本橋ルネッサンス地域100年計画委員会 会長 橋本 敬氏.jpg 24横山町奉仕会会長 宮入正英氏.jpg 25 懇親会.jpg 26 懇親会 宇野教授.jpg 26-2 デザイナー青木 豊実氏.jpg 27懇親会.jpg 28懇親会司会.jpg 28-1 中締め・挨拶.jpg 28-4 中締め・挨拶.jpg 29懇親会 .jpg 29懇親会 締め.jpg
日本橋みゆき通り街づくり委員会は、
常盤橋から両国橋のたもとまでの江戸桜通りと御幸通り周辺に、
在住・在勤されちる方が主になり、趣旨に賛同される方との集まりです。
お問い合わせ、ご参加申し込みは、
日本橋みゆき通り街づくり委員会 事務局 担当岡田
103-0006 中央区日本橋富沢町10-15
(株)勢州屋本店内 
TEL:03-3662-3721 FAX:03-3663-6730

41 中島 憲一 氏.jpg 43会場関係者お疲れ様.jpg
40 日本橋みゆき通り道路実験協議会 お疲れ様 2.jpg
<所感>
二年ほど前に取材させていただきました。
日本橋みゆき通り 通りを楽しむ江戸の秋この実験地域の現在の様子
01みゆき通りコミュニティ実験場所.jpg 06みゆき通り.jpg
06みゆき通り街づくり委員会朝顔の様子.jpg 07みゆき通り街づくり委員会朝顔の様子.jpg
日本橋みゆき通り街づくり協議会は、
高速道路が上に通る昭和通りに分断され、建物の建て替え・巨大化が進んゆく中での、
住み・働き、訪れる人どうしの関わりづくりの一つ。
みゆき通りと交差する中央通りの京橋から神田にわたる区間では、
NPO法人はな街道による、歩道に草花を植える人、水やりをする人などを募った街の活動が実施されています。

江戸からの町・通り・路地という都市構造と日本橋町衆の生活文化のなごりが、
懇親会での会話にも感じられました。
posted by まちひと中央 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の賑わい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

ウォークラリークリーンアップ作戦は、中央区らしい協働のきっかけ

中央ぷらねっと(社会貢献企業連絡会)主催の中央区ウォークラリークリーンアップ作戦が今年も開催されます。
中央区ウォークラリークリーンアップ作戦 参加者大募集!
開催日時:10月17日(土) 10:00スタート 13:30終了予定
集合時間・場所:9:30 坂本町公園(中央区日本橋兜町15-3)
参加費:無料 服装・持ち物:歩きやすい服装・飲み物・汗ふきタオルなど
       (軍手、ゴミ袋、火バサミは主催者側で用意します。)
申込み・問い合わせ:ボランティア区民活動センターまで、
03−3206−0560 または vc@shakyo-chuo-city.jpで

詳細は、ちゅうおうボラネットの記事へ

<所感>
坂元公園から月島社会教育会館まで、秋の中央区の再発見をしながらの美化活動。街の美化は、気持の美化でもあります。
普段会わない人たちとも、身体を動かしゴミを拾い歩くのは、場面も変わり、こだわりのない会話がはずみます。、街を大切にする気持ちをもった人との対話。さわやかなひと汗とともに、気持ちが解放されるひと時でしょう。

数年前に、世田谷区千歳烏山でのクリーン大作戦を始めたことがあります。地域の商店街が主催して、街の人と一緒にゴミ拾い。商店街スタンプと交換できる「いいポン」を参加者に配って、商店街の利用促進でもありました。結果は、業者が掃除すると勝手にすてられていたゴミが激減。商店街の清掃費が減って、ポイント費用は賄えました。そして、商店街のフラワーポットの管理も初めて、毎月第1日曜日の定例活動として続いています。
その活動を展開したのが、世田谷線沿線クリーン大作戦。
世田谷線沿線の3つの商店街が一斉に区民とゴミ拾い。東急電鉄の協力もいただいて、いまでは6商店街全部が参加、区商連の主催となって続いています。
このように、だれでもできる活動が定期的に続きだすと、互いの対話も持続して、異なった組織・活動の情報交換の場になります。クリーン活動に参加すると、必要な人に会えるという循環ができ、駅・駅でばらばらだった活動も、一緒にやるとさらに参加者が増え、多様な活動が可能になりました。
世田谷区は主に住宅地と近隣型商店街ですが、中央区は都心商業地・オフィス街・そしてマンションの混在。広い道路・大規模な建物の狭間で、伝統的な町衆の活動も、広域企業のCSR活動も、いろいろな分野・目的・参加者がバラバラに別れます。個別企業が社名をつけて清掃するのもいいですが、ちょっとわざとらしい。自治会・氏子・商店街などなど、歴史と自負で、個別に張り合ってさえいます。
いろいろな人が一緒にできるのがゴミ拾い。バラバラの活動をより効果的にできるきっかけが沢山ありそうです。
このウォークラリークリーンアップ作戦という連携CSR活動も、街の人が参加し、街の活動と連携してゆくことで、協働が進み、参加者の努力が活かされてゆくのでしょう。クリーン作戦で知り合った方と街で会釈するときに、この街で暮らし・働く安心感を感じるのです。

世田谷線沿線のクリーン活動
posted by まちひと中央 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・街・災害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。