スティッカムで簡単ライブ動画配信
スライドは、最近の取材より、記録ビデオは、街歩き・健康福祉祭り・防災訓練などご覧いただけます。

2009年03月31日

中央区で活動しているのは、どんな人?人と人との関わりで生まれる情報を

一口に中央区といっても、エリアによって、いろいろな特徴があります。
中央区観光協会による分類より
中央区エリア分け (中央区観光協会HPより).jpg

そのエリアにどれだけの人が入ってきているのでしょうか?
各鉄道駅の乗降客数を集計してみました。(H19年度乗降客調査より)
中央区地域別流動人口.jpg
これは、自家用車、バス、自転車、徒歩などでの人は含まれていませんが、エリア別にこんな違いがあることは分かります。

中央区の住民票に届けられた人口=夜間人口は、2008年9月に11万人を突破しました。エリア別に人数・世帯数で分けた図です。
中央区地域別夜間人口.jpg
晴海は、1.9人/世帯で、多いですが、他は1.5〜1.6人台/世帯。
もちろん、郊外に越した家族が戻ってきた方々もあるでしょうが、
多くは、地縁・血縁のない、独身者・共稼ぎの方々で、流動性が高い方々です。不動産屋さんの話では、働く独身女性への紹介が多いそうです。

その人口構成を5年前、10年前と比べると
25才から40才台までが増え、子供の構成も変わっているのが分かります。(H20年4月集計)
中央区年代別人口増減.jpg


それぞれの人は、その時・その場で、
住民であり、家族の一員であもあれば、
働く人であり、組織/企業の人であり、
住居/職場を離れた訪問者でもあります。

<所感>
地域での情報とは、何を求められているのか?
広告として届く情報とは、誰が/誰に/何を伝える情報なのか?
広報として届く情報とは、何なのか?

・その時、その場で、必要な情報を、
 いつ・どこで・どのようにして伝えあってゆくのか?
・長い時間、持続して伝え続けたいこともあれば、
 その時だけでいいこともあり、
 全員に伝える必要のあることもあれば、
 一部の人だけでいいばあいもあるでしょう。
・地域活動者が求める情報の調査では、
 防災/安全、健康/福祉、教育/学習、環境、イベント
 などが上位にありました。

工業社会から情報社会に入ると、
 地域生活/地域文化/地域事業などの区別が薄れ、
 仕事・家庭・個人の立場も重なりあって、
 モノのからコトへ情報へ、
 人と人の関係で生まれる情報が、
 地域で必要とされると考えます。


 もちろん、分野/テーマ別の、音楽・ゲーム・学説など、
 地域空間と直接関わらないで、
 人の興味を繋ぎ合う情報もあるのですが、
 それが、中央区という地域での人との関わりがあれば、
 この「まち・ひと中央」で取り上げたいと思います。

中央エフエムから「まち・ひと中央」が離れた経緯

ラベル:中央区 人口
posted by まちひと中央 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | [まち・ひと中央」の経緯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。